<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

渡航の切符
日にちは着々と過ぎ・・・ 最終試験も終わり、昨日は無事、任国へのチケットをゲットしました♪ 

いままでの赤いばばちいパスポートは一次お預け、新品の緑のパスポートです。「公用旅券」と書いてある・・・。 
ブルキナのビザもあり。 

国ごとに担当の旅行会社さんがついていて、何もかも至れり尽くせり。パリで一泊なのですが、もうホテル(パリのシェラトンだよ!)も手配済み、向こうでは空港のお迎えもお見送りもあるらしいです。 


いやー!頼りになるね、日本国。ありがたさが身にしみます。ほんと、自分ひとりで動いていたので、貧乏性なのね、私・・・・。 

ブルキナについたら、また1ヶ月ちょっとは研修(語学が中心らしい)、5月には配属の予定です。いや〜。だいじょびかな、あたし? 

ここでの生活もあと2日。明日のフランス語の最終プレゼンが終われば、晴れて自由の身。そして、あさってはいよいよ修了式。訓練中の日当やら赴任に関する諸経費も振り込まれるので、ふふふ。ちこっとお金持ちです。 

うっかり頼んでしまった、スペアのパソコン(レノボにしました)も届き、コンピューター隊員の方がきれいにインストール関係をやってくれてます。ほんと、至れり尽くせりな生活・・・。ここの生活が終わってしまうなんて、さみしいよー! 

そんな感じで。24日の出発まで、あと2週間。準備がんばりまーす。
でわでわ。みなさま、ぼんそわれ。
最終テストまで、あと少し。
えと。ううーんと。またもや、似たようなタイトルですみません・・・。お久しぶりです。

どうして、週末はこんなに早く過ぎちゃうの・・・・?フラ語の勉強が終わりません。(終わったことないけど。)

とうとう3月5日は、最終テスト。それでなくても、最近はいろいろと忙しいです。

えとね、先週の木曜日は皇太子様にご接見するために東京へ。KTCのJOCV168名(だったかな?)はバス4台で東宮御所へ向かい、皇太子様というエライヒトに接見してみたり、日本に住んでいるブルキナファソ人と会ったりで、いろいろ楽しかったよ。(日本には15人くらいいて、そのうちの2人に会った!) 

↑フラ語クラスの仲間と、ベナン人Augustinさん・セネガル人Mamadouさん。 

↑ブルキナメンバーと、ブルキナ人のお二人。 

ええと、フラ語のプレゼンも3回あったけど、全滅でした。言いたいことはいっぱいあっても、フラ語にできないこの悲しさ・・・・きっと任地に行っても、同じなのかもしれません。が、がんばらねば〜。

最近は、やっと任地でする仕事についても調べたり、勉強したりする時間が多くなったためか、なかなか充実した週でした。ただただ、暗記力がない自分だけがどまーじゅ!(ザンネン。) 

そんな感じで。もう少しの訓練生活、がんばります。
ぼんにゅい♪


最後のお出かけ?

です〜。週末って、どうしてこんなに早く過ぎるんだ!?の疑問が解決できそうにもない、宿題にまみれたOyoです。でも、昼下がりのウタタネは欠かしてないところが、生命力の強さを証明している感じです。 あんたコワレテんじゃ!?と、何度も時計に話しかける日々です。

さてと。 今週末は、土曜半日+日曜休みのLong weekendでした。やったー!(去年は1年まるまる休みだったのに・・・・。)来週は語学の最終テスト前だし、これが最後かな〜。

そんなわけで。すべての宿題をなげうち、(←いつも通り。)遊んできました。実家に帰って、わんこたちをわしゃ〜ってしてから、向かった先は・・・・


夏に働いていた、奥飛騨温泉郷でございます。(→その時のブログはこっちね。) 秋にも1週間だけだったけどお手伝いさせてもらい、今回は1泊だったけど、すっかりお世話になりました。なので、夏秋冬の飛騨を見ることができました。
  

ここからは、最高に美しい北アルプスが見れます。今回も、真っ青な空を見ることでき、お星様の下で露天風呂に入れました。何よりも、「いつでも帰っておいで」といってくださる、ご家族に心から癒される場所。帰るところがあるって、本当に幸せなことだなあと実感した週末でした。ありがとうございますの気持ちでいっぱいになった、とってもいい時間でした

訓練ももう3週間ちょっと。確かにストレスもないこともないけど、最近はここの暮らしがたまらなく快適で、充実してるなあって感じます。と同時に、こういう感情がわいてくるってことは、ここにいるのももう少しなんだなあと。そんな気がしてきた今日この頃。(何とかならないかしら、この放浪癖?

今週もがんばります♪
3分の2が終了
Bon soir!

ほんと、考えるだけで恐ろしいのですが、もう訓練の3分の2が終わりました
へこんだりもどったり、海の底よりも深く落ち込んだり。心は複雑骨折なので、折れても直らない今日この頃です。ダイジョブカ、自分?

今週からは、5回くらいの日程ですが、フランス語の普通クラスとは別に”L'atelier”=アトリエ と言う、職種の専門別に分かれたクラスが週2回、始まりました。私は、「行政サービス」という職種なので、PC隊員に混ぜてもらってます。(まずは紙ベースの仕事っぽいので、いつPC使うか謎だけど。)

自分の任国や任地のこと、自分のお仕事について話したり、プレゼンしたりです。あと、PCを使って模擬授業をするとか?ともかく、実践的になってきました

どうしても話すのが苦手なので、いよいよ冷や汗たらたらです。時間がいくらあっても足りない感じ。絶対的な勉強量もだけど、上手な勉強法も大事だなあってひしひしと感じる今日この頃です。


あと。こんな段階になってでおそいんだけど、いま更ながら「あたし、アフリカに仕事に行くんだ!」と気づきました。 うっかり、フランス語に気を取られて、肝心なことを忘れており・・・。あほです。なもんですから、自分の働く市役所のHP(La Mairie de Koudougou)を見たり、今後の仕事の仕方を考えたり、先例を見たり。ちょっと、っていうか、かなり焦ってきました。


最近は、いろんなイベントがいっぱいあります。体育祭があったり、自主講座があったり。語学以外の講座も、保健とか安全とか任地での生活・仕事についてだったり。なかなか実践的です。バレンタインイベントがあったりもしたのかな?来週は、皇太子さまにお会いするために、東京に行くみたい。おいら、なかなか社交的になれてなくて、そんな自分を嫌いになったりもしてましたが、何とか周りのみんなに元気をもらってがんばってます。

今日は、「地球のステージ」というコンサートが開催されて、かなり癒されました。国際医療救援活動をされている山さんの歌声とお話を聞いて、涙が出てしまいました。すごい生き方をしている人がいるんだな、と。ちっちゃいことに悩んでいた自分のあほさと、視野の狭さに愕然。そして、自分が何で協力隊にいくことにしたのか、その想いを思い出せた感じです。国際協力って言うのが何なのか、まだまだ良く分かりませんが、ともかく、できることをやりたいです。こういう時間も大事ですね。

とりあえず、そんなこんなで、生きていますっていうご報告でした。


あ、そうそう。3月11日に出所するのですが、3月24日までの出発の間の予定を考えてます。できたら東京には何日か行って、できるだけたくさんの人に会いたいなー。みなさま、よろしくです。

折り返し地点。
おひさしぶりぶりだす。最近はすっかり雪深い駒ヶ根です。

いやあ。日が経つのは本当に早いですなあ〜。本日で訓練所に入って1ヶ月。大体半分くらいまで来ました。あと45日でアフリカへ向けて出発とは、まったく信じられませぬなあ〜。

ええと。今週は、中間テストがあり、なんだかんだと疲労困憊のまま、終わりました。(ついでに言うと、昨日のボクササイズの筋肉痛が・・・・。

汚い机の上
何とか、フランス語の中間試験はパスしました。聞き取り・筆記のテストはよかったのだが、あたし、面接はぼろぼろでした。緊張して頭がぱ〜になる上に、そもそも、発音がなってない・・・。後半の課題は、単語を増やすのももちろんですが、知っている範囲で、どれだけうまく話して、相手に伝えられるか・・・。ここですなあ。 もともと、そんなに社交的なほうではないので、がんばらねばですな。

(→)きちゃない机の上。1ヶ月で、プリントもノートもいっぱいになったよ〜。こんなに勉強してるのは、人生初だよ!


あと、先週と今週で、「課外活動」と言うものがあり、おいらは花卉農家さんにいってきました。
ハウス
← わが班のS隊長の後姿。

ハウス内で、土ぼこりやら枯れた花の綿ぼこりやら、いろんんなものにまみれましたが、仲間といろいろくっちゃべりつつ、必死に作業に取り組みました。

終わったときに、農家のおかあさんが「こんなにやってくれたの!?ありがとう!!」と大感激してくださったのが、何よりも喜び。いやあ。いがった、いがった。


人によっては、老人施設だったり、幼稚園だったり、体験したことはばらばらでした。意思疎通がうまくいかなかったり、仕事がうまく進められなかったり。反省会はいろいろと意見が出ましたが、その場でできることを一生懸命考え、焦らず、自分ができる範囲でやること。 文化も言葉も違う途上国に言った場合、大切なことは何だろう・・・。考えさせられる時間になりました。

そして、何よりもリフレッシュ!やっぱり体を動かして働くの、好きだなあと、実感したわけです。景色もきれいだったよ〜。


今日(土曜日)は、任国事情と言う講座もあり、先週ブルキナファソから帰った方のお話も聞けました。 お話は、国の事実が中心だったので、もう少し、あちらの生活とかの実体験がほしかったなあ〜。

でも、ともかく、おいらがいく都市は、なかなか住みやすそう。(ええ、たとえ、最高気温が45度だとしても。) 野菜が手に入りやすい、と聞いただけ、ご機嫌です。

ケーキま、ともかく、なんだかんだでそろそろ語学ばっかりの毎日に飽きてきた(!!)ので、さっさと行ってしまいたいと思う、今日この頃です。(フランス語やばすぎだけど。)

←ブルキナメンバーのお誕生日会のケーキです。仲間は13名。いやあ。個性的なマイペースな、愉快な仲間たちです。みんなでフランス語試験パスして、ブルキナに行くぞー!




それでは、みなさま、Bon week-end!
自分を見つめなおす。
こんばんわです。

明日は課外活動。目的は「普段と違う環境でどのように振る舞い、人々とかかわり合い、役に立てるか実践する」「活動先を2日間訪問し、それぞれのニーズにあった協力活動をする」だそうです。

おいらは訓練所近くの花卉の農家にお手伝いに行きます。ううーんと。幼稚園とか老人施設とかもあったんだけど、自分の興味で野菜農家・花卉農家を選びました。ふふ。農業のお手伝いは、村でもできるんだけどね〜。ともかく、温室での作業だと思うので、風邪がこれ以上悪化しないようにしてがんばってきます。


そういえばね、訓練所生活も3分の1が終了して。この集団生活もちょっと疲れてきてね〜。いろいろ考えちゃったわけです。

↓すんません、ちょいと長めです。
続きを読む >>
3週目終わり。
Bonjour à tous et à toutes!! お、お久しぶりです、みなさま。うっかり忙しくしていましたら、KTC(駒ヶ根訓練センター)生活、3週目が終了してしまいました。はやっ!

・・・あれ?ということは・・・・ぎょえー!訓練生活は残り47日、ブルキナ行きまで58日しかないということに・・・。恐ろしすぎます。

ま、日にちはともかく。今週末になって、やっとこさ、自分を取り戻してしました。取り戻すって言うか、開き直ってきたって感じかな〜。なので、こうしてブログを書けるようにまでいたりましたです。

というのも。入所して1週間目はやっと生活がわかってきて、2・3週間は慣れてきたものの疲れが出てきて・・・・と言う感じで、かなり精神的にも体力的にも限界で。宿題と復習と自習で時間が本当に足りなくて足りなくて、起きている時は常にフランス語の勉強。一日4時間くらいしか寝れなかったせいか、お風呂で顔を洗っても、目の下が黒く・・・ だわ〜!と、お風呂で居合わせる医療職の方たちに「どうしたらいいですかっ!?」と聞いてばかりでした。(モウ、ムリシテモダイジョウブダッタ、アノコロトハチガウ・・・・?)

でも、それもなんだか今週末で吹っ切れた気がします。まあ、そもそも、この短期間にそうできるはずはないし、完璧に覚えようとしても無理だし〜。寝ないと、健康にも悪いし〜。っていうか、自分そんなに賢くないし! ということで、できる範囲でがんばることにしました。うむ。


今週末は、外にも出かけたし、一緒の派遣国の仲間とも飲みにも出かけました。久々にネットでドラマも見ちゃいました。ほんと、勉強はまだまだだけど・・・ こうして訓練してもらえるのは本当にありがたいし、あたしの悩みなんて、そもそもちっこい!できることから焦らずにやっていこう・・・ なんだか、いろんな悟りを得ました。


そんな感じで!これからは、ちょこちょこアップできるよう、がんばりま〜す
でわ、みなさん、Bon week-end!


PS:あ、そうそう。下の方にも、いくつか訓練所の様子の記事をエントリーしたよ。よかったら、見てね



評価:
桃井 和馬
清流出版
(2007-03)
コメント:自分の見ている世界が、なんと限定された、偏ったものだったのか。 自分の生活が、なんと贅沢で、恵まれたものだったのか。 もっと世界を知る必要がある。 純粋に、そう感じた。

訓練所の様子
駒ヶ根刑務所訓練所はこんな感じです。

語学の教室。数名で1クラスです。

体育館。もうひとつ、森のステージという小さめの体育館みたいなところもあり、そこの2Fには筋トレの場所もあります。朝の集会は、冬はこちらでやります。








食堂。意外に食事時間が時間が短くて、いつも焦って出かけます。込んでます。。ご飯は結構バラエティがあり、おいしいです。(太るよ〜!)

連絡ボードがある場所。全体の連絡がいろいろとはってあります。協力隊らしく、いろんなイベントがいろんな職種の人によって企画されてます。




エアロビだったり、アフリカンドラムだったり、サルサだったり・・・。PC隊員の方たちは、親切にPCの相談に乗ってくれます♪

 
宿泊棟の廊下と居室はこんな感じ。
  
 
(左)お洗濯場。洗濯機と乾燥機が指定時間内なら使えます。干すところもあり、ハンガーもいっぱいあります。
  
(右)お風呂の入り口。18:30-22:30に入れます。結構大きいお風呂です。温泉じゃないのがザンネン〜。(当たり前か・・・)



自転車の貸し出しもあります。冬は凍結でしてないときもあるんですけど。







こんな感じで、住み心地はばっちりです♪ チャイムも鳴るので、時間もなんとなく把握できます。とにもかくにも、勉強に集中できる環境では、あるかな〜。


あ、そうそう。KTC入所前の荷物リストのエントリー、追記しました。
→ 持ち物リストのエントリー これから収容される方、よかったらご参考までにどうぞ。

訓練所のタイムテーブル
やっとこさ、時間ができたので。訓練所(KTC=駒ヶ根訓練センター)の生活をご紹介。

ここの生活は、かなり時間時間で動いてます。

一日の流れ(月〜土曜日)

・05:30〜 訓練棟利用可
・06:00〜 外出可能(6時50分まで)

・07:00 朝の集い、各国国旗・国歌紹介、ラジオ体操
・07:20-8:20 朝食
・08:45-11:40 課業(50分ずつ、午前3時限)
・11:40-12:25 昼食
・13:00-17:00 課業 (午後4時限)
・17:45-18:45 夕食
 (お風呂は18:30-22:30。週に一度はシャワーのみ。)
・22:00 門限
・23:00 消灯 

こんな感じです。

今のところは、語学の授業が、大体午前中3時限+日によってプラス1時限か2時限。
午後は、基本的に、15時からの6時限目から、全体共通のコースが入ってます。項目は、本当にたくさん。JICAの制度からJOCVの概要に始まり、任国での生活や健康に関する講座、さまざまな国際関係の講座、所外活動(駒ヶ根市の施設や農家で働く)、ワークショップなどなど、毎日予定がぎっしりです。

毎週火曜日16時過ぎからは、予防接種の日。黄熱病は、国によっては訓練所入所前に接種の支持がありましたので、ここでは以下の予防接種が行われます。
・狂犬病×3
・A型肝炎×2
・B型肝炎×2
・破傷風×1
・日本脳炎×1(指定国のみ)

毎週お医者さんたちがいらっしゃり、端から打っていきます。笑

後は、もろもろ個人ごとに会議。各委員の会議だったり、全員生活班に分かれているのでその会議だったり、食事当番だったり、全体日直だったり、ワークショップの準備会議だったり・・・。集団生活の訓練なので、何らかの役割があり、その集まりがちょこちょこあります。

あと、空いている時間には、体育館でスポーツしたりもできます。結構設備はそろっているし、運動系の隊員もいるので、時には指導もあったりして・・・・。
外出可能時間には、買い物に出かけたりもできます。届出を出せば、週末は届出をすれば外泊も可能。

でも!!

基本的に、空いている時間は、みんな語学優先。
授業が終わっても、教室で22時ごろまで勉強しているクラスも多かったりします・・・・。

こんなにみっちりと訓練していただけるのはありがたいですな〜。


あ、ちなみに、訓練所内では、アルコール類、一切禁止。見つかったら退所処分らしい・・・。近所のコンビニで買うことも禁止されてます。最初はきついかな?って思ったけど、なるほど。飲んでる暇なんかない!追い詰められているので、何とか週末に時間を作って、飲みに行くのがやっとかな〜。(それでも門限前に帰らねばならないから、限度があるよね。)

こんな生活です。


訓練所入所
Bon soir !
長野県駒ヶ根のJICA刑務所 訓練所よりOyoです。
なかなか人里はなれた、周りは何にもない、林の中にあります。真っ暗です。

運よく、実家から遠くない場所なので、車で送ってもらって無事到着。寒いですが、施設の中はあったかく、なかなか快適です。本日入所の訓練(候補)生は、青年海外協力隊・シニアボランティアあわせて207名!の大所帯。 がっつり団体生活、時間時間で動く生活。うわ〜。

で、あけてみると、かなり緻密なスケジュール。それも、団体行動。時間厳守! ・・・・ おいらの一番苦手な感じ?(はまろうと思えば、無駄にがっちりはまれるとは思うんだけど・・・。) ってのも、実はおいら、初日から遅刻ぎりぎりでした。  原村を出てから伊那あたりで寄り道をし、うっかりお昼まで食べていたら、あらまあ。大半の方は、駅や高速のバス停から、スケジュールの決まったバスなり臨時バスできていたため、車で行ったおいらは、へんな時間についた感じで。職員の方が、玄関でお待ちになっており、「Oyoさんですかっ!?」とおいらが名乗る前にに受付してくださいました。

時間がない緊迫感が分かったので、身辺整理はぶっとばし、何とか14時からの講堂集合にオンタイム!インフルエンザのことや合意書(会社で言う雇用契約みたいなもの。)の説明、生活オリエンテーションとかがあって、あっという間に夕方に。

とりあえず、今日判明したことは・・・・
  • ・出発は3月24日らしい。(確定かどうか不明。ともかく、契約期間はこの日からだった。)
  • ・2年の任期中に、今回の隊次からは、一時帰国をしていい。(ただし、自腹。)
  • ・2年の任期中に、任国外の旅行として許可されている国は、コートジボアール/ガーナ/ニジェール/セネガル/モロッコ/フランス。休暇を利用して14日以内なら旅行していい。(同じく、自腹。)
  • ・健康維持目的で、リフレッシュ休暇みたいなものがあるらしい。(いまいち、未確認だけど。)
  • ・いろいろと経費があるらしい。(今までの現地採用とは大違い。ぶらぼー!)

・・・まあ、詳しく書けばきりがないんだけど、ちょっとは2年の活動に対して、安心感(つか、休暇する気!?)が出たような気がします。
あとは・・・・ ここの生活、かなりかっちりしてます。健康的な時間の3度の食事(アルコールは持ち込み不可!)、毎朝の運動、がっちり学習(語学は鬼。8:45から昼を挟んで15時まで毎日+宿題・自習)、その他授業も盛りだくさんのようです。

お部屋も、完全個室で至極快適。原村よりはあったかいです。(建物がしっかりしているからね。) 生活や勉強に必要なものはもちろん、家具やポットとか加湿器とかもちゃんとついてます。収納も十分あるので、もってきたダイソーのかごでいい感じに衣類も整理。ポットもついてて、給湯室からお湯を持ってきて、紅茶とか飲みつつお勉強できたりします。 

また、運のいいことに、あたしのお部屋のまん前に無線LANのポートもあるので、ばりっと電波キャッチでき、お部屋でもネット可能。(天井についてます。) 本当にいろいろな職種の、いろんな国にいく、いろんな年齢層の人たちがいて。みんな、「協力隊」の名の通り、なかなか外交的で、フレンドリーな方ばかりです (まだ自分のペースはつかめないんだけど・・・。)
 
まあ、結構楽しく過ごせそうな予感 節酒な、健康な生活も保障されているし!?) あとは、勉強をしっかりすればいい・・だけ・・・。ぎゃいん!ともかく。訓練中から、今度の仕事のことも見据えて、しっかりと目的意識を持って語学を勉強して、仕事の計画なども立て始めたりできたらな、と思ったりしてます。周到な計画と年密な準備、後はキアイで仕事だなあ〜。がんばります。