<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 最近のお気に入り。 | main | 今年もお世話になりました。 >>
Joyuse Noël
Joyuse Noël !!
みなさま、ステキなノエルをお過ごしですか?ええと・・・おいらは・・・またもや食い倒れてます。ぎゃふん。

今年は、アフリカのクリスマス。毎年色んなところで過ごささえていただいてますが、ここは雪なんかなく、ほこりが舞うこのブルキナ。き〜ってくらい、暑い。もちろん、パパ・ノエル(サンタクロース)が町にいるわけでもなく。クリスマスらしさのなさ、どうなんよ!?

↓ (右)ふと、お呼ばれされて、次の家に移ろうと思って外に出た風景。なにもなっ!
  
      ↑(左)料理され待ちの鶏さん・ホロホロ鳥さんたち・・・・



南半球とかでも真夏のクリスマスは暑かったですけど・・・いやあ。異様〜。聞こえてくる音楽といい、町の様子といい・・・ところ変われば、クリスマスも違いますな〜。

とはいえ。どこへいっても、誰にとってもノエルはスペシャル。ブルキナは、伝統宗教(アニミズム)の次に、イスラム・キリスト教の割合が多く、平和〜に共存しています。イスラムのラマダンの次は、クリスチャンのクリスマス!ってことで、宗教を越えてみんな誘い合って、Fête(パーティ)。

イブは、こないだ結婚式にもお邪魔したフランス人・ブルキナベのカップルたちのおうちへお呼ばれ。ここでは、なんと・・・・ 日本食!
海苔巻き・てんぷら・とんかつ・わかめうどん・お好み焼き・おくらいため・揚げじゃがいも! これにブルキナ料理(サラダ・リソース・羊のあげもの)もでてくるんだから、もうジャポネたち、狂喜乱舞。
 
面白かったのが、ブルキナベの海苔巻きへの反応。「サッシェ・ノワー(黒いゴミ袋)か!?」と、目を丸くし、はがそうとすると言う・・・・ そりゃ、知らんよね、海苔。 そういえば、モントリオールでもケベック人さんたち、お寿司の海苔だけ残してたな〜。同じ反応かも。

準備は朝からしてくれただろうに、みんな集まってきて、あっという間に平らげる・・・ もう食べられません!ってくらいになるまで食べるのは、いつも通りでございました♪


もともと食べるのがお好きなパリジャンのミゲル。ブルキナとフランスを行き来する生活をしているので、パリで日本人に作り方を習い、そしてわざわざ食材をパリで買ってきて、こんな僻地の日本人に作ってくれると言う・・・ 本当に本当にいい人です。その気持ちだけでも、どうやってお返ししたらいいんだろう?って、涙が出そうになりました。


その後は、うちの近くの教会へ。着いた時は暗いからよく見えなかったけど、目を凝らしてみたら、教会は人人人・・・。歌って祈って歌って祈って・・・が夜中まで延々と続きます。

 椅子を持参して参加するのがブルキナスタイルみたい。そして、眠くなった子供たちはもう地べたで寝るのも・・・ふふ。「っぽい。」ですな。






さて。一夜明けて、クリスマス当日。イスラムのお祭り・ラマダンと似たような感じで、今度はキリスト教の友達たちの家を回ります。私も、朝から海苔巻き(ご飯ぱらぱらにつき、見事失敗→自己消費)とカレーを作り、1件目のおうちへ。

Nasaaraを見たことがなかった友人のお子さん。私が行くだけで、すっごいよろこんでくれて、なんだか私もすっごくうれしかったです。さすがのしつけ(?)のよさ。冷蔵庫から言わなくてもお気に入りの銘柄のビールを持ってきて、ふたを開けてグラスについでくれます。

ビールを飲みながら、おいらも調理のお手伝い。こっちでは、揃って「いただきま〜す」のは一切なくて、できた端から食べていく感じ。時々、お客さんがやってきて、その人にもお料理をお出しして。なんだか、一日中、作って食べて作って食べて・・・ って感じのスタイルです。


作った料理は、トー・リグラ・リソース・クスクス・ブロシェット(串焼き)・から揚げ・サラダ・ガトー(お菓子) ・・・ ブルキナ料理、総動員! ともかく、ここですでにお腹12分目。


   

さて。昼過ぎ。いったん市役所により、今度は副市長のママンに連れられ、2件目のおうちへ。

 
ここは大家族。いったい何十人いるんだ!?ってくらい人が来ていて、次々と来るお客さんに出すため、女性はせっせと料理。そして、「食べなさい!食べなさい!ほら、ビールも飲みなさい!」攻撃にあい、何とかお腹にいれる・・・・。

3件目・・・・。こっちは、バプテム(洗礼)のお祝いもしていました。ノエルでは、結構な数の洗礼が行われるみたい。式は終わっていたので、ここでも、Il faut manger!(食べなさい!)攻撃。ええ、もうもう思考能力なく、このへんから写真あまりとってません・・・。


この後、4件目・5件目・・・・ お呼ばれしていたのですが、もうお腹が苦しく、そして暑さにふらふら。いったんおうちに帰り、シャワーを浴び、ダウンです。がびん。本当にご馳走様でございました・・・。


「じゃ、今度は新年ね!」「今度は豚の丸焼きするから!」「明日も来れる?」
ブルキナベ、こんな素性の知れない私を、あたたかく迎えてくれて、沢山食べさせてくれて。家族と離れているがゆえ、かな。本当にありがたく思います。

クリスマス・・・・日本じゃ、ちょっと商戦的な要素が強いイベントですが、こうして、みんなで料理をして、わいわいと一緒に食べて、ああ、この機会をみんな、とっても楽しみにして、そして楽しんでいるんだなあって、心があったかくなります。

宗教的なことは、あまりよくわからないけれど・・・。
 一緒に過ごしてくれる人がいることに感謝して。
 命をいただいて、生かされていることに感謝して。
いつもなら当たり前なことが、すごく特別に感じられる日。ステキな日ですなあ。


毎年思いますが、いつまでたっても、いただいてばかりです。本当にありがとうございます。
そして。いただくことにも感謝ですが、できるだけ差し上げる方にならなくっちゃな。そう思わせてもくれる日です。

Merry Christmas! Joyuse Noel! ステキなクリスマスを。

関連記事
スポンサーサイト
COMMENTAIRE









Trackback URL
http://oyoblog.jugem.jp/trackback/108
TRACKBACK