<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< お仕事再開。 | main | 2月のお仕事 >>
今更ながら、2011 始まりのセレモニー
ええと。早くも、1月が終わってしまいましたな〜。最近は、魂抜け殻になりながら働いているので、ブログアップができず。2月はもうちょい、がんばってアウトプット、できるようにしたいと思います!

で、ちょっと前のイベントなんですが。せっかく写真があるので、ログとしてアップします。

何度か2011年キックオフみたいなミーティングがありましたが、今日はCommune de Koudougou全体のセレモニー。市長夫妻と第一・二副市長、コミューンのコンセイエ(各村・地域の代表、市会議員みたいな人たち)60人強、警察、県庁関係、もろもろの人をお呼びして、式典が開かれました。
 
歌や踊りがあり、偉い人のスピーチがあって、コメディアンの寸劇があって。その後は、飲み食いの宴会でした。
 

で、それに先立ち・・・市役所で働く女性で作っている女性団体(ま、婦人会みたいのもんだね。)は、式典のご馳走の準備を・・・2日前から総出でやりました。
 
昼間から、市長の秘書さんのおうちに15人くらいの女性が集まり、マンゴーの木の下でお料理。ええ、ブルキナでは、大抵のおうちは、水を汲んできて、薪を買ってきて、外でお料理です。




 
みんなでわいわいと、大量の野菜の下ごしらえから。その後は、大きな鍋を洗い、鍋の周りにはコゲよけの泥を塗り、石を積んで木をくべて、火をつける。
 
  
内臓(ジェジェ)も無駄にはしません。しっかり料理し、パンに挟んで食べます。(ある意味、まかない。)
 
牛も1頭(20万CFAフラン!)屠り、トラックで運んでもらう。すごい量の肉です。どこが何の部位なんだか、まったく持ってわからなかったんですが、その肉の山を女性総出でひたすら包丁で切り刻みました。
 
そして、このお肉も素揚げ。でっかいお鍋で、どんどんゆでてあげていきます。米も50キロ洗って、リ・グラという炊き込みご飯を作成。他にも、大量のサラダやおつまみみたいなもの、暗くなってもひたすら料理。ある意味、ほんと、全部手作り。究極のスローフード!
  
いや〜、食い倒れの宴の準備って、こんなに大変だったのね!って感じの2日間でした。

当日は、みんなでおそろいのパーニュ(布)でおのおの仕立ててきたユニフォームを着用。なにやら白っぽい日本人、一人混ざってます。笑
何はともあれ、これでやっと2011年始動。あれ?もう2月になろうとしているのは、気のせい!?

関連記事
スポンサーサイト
クドゥグのポゴビー(だっけ?)さん!去年まで調○員やらせてもらっていた、さ○いです。お久しぶり!現在ベナン潜伏中。
気ままな主婦生活にて懐かしのブ国隊員の軌跡をおっていたら見つけました。
もう「素晴らしい!」の一言。
「怒怒怒」のあんなにきれいだった棚(奇跡だ!)がほぼゼロに戻された様子には絶句するとともに、いつも思っている「なぜブ国の人は日本人が思っているようには考えないのか?」という疑問にたちかえりました。彼らの育ってきた不利な環境は理解できる。しかしなんで明らかに便利だったり、他の人の例ですが、収入が得られるとわかるのにやらないのか??急ぎすぎなんでしょうか。
そうとうショックだったでしょうに、「ただでは起きない!」とあきらめていない姿勢に感動。
私もoyoさんのことを思い出して、日々楽しく頑張ります。体に気をつけてね!
さかい | 2011/02/18 18:08
わ〜!さかいさん!
お久しぶりです。こんな放置ブログに来ていただいて、そしてうれしいコメント、本当にうれしいです。
あの「怒怒怒」事件から。状況は変わってないです。「あの日本人、しつこいな〜」くらいにしか。ブルキナベ、悪い意味で忍耐強いですよね。死ななきゃいい、くらいの勢いで、何があってもサバアレ!ですからね〜。悔しさを忘れそうになるくらい、ほんと、みんなのんびりしてて。この暑い時に、一人でき〜ってなるのも、そんな気がしてきたのは、やっぱりブルキナマジックなのかもしれません。急ぎすぎって、思ってしまうことも。
私たちのやり方が、必ずしも正しくはないかもしれないですけど、根気よく浸透させるように、手を変え、品を変え、やるしかないのかな〜って思ってます。なんだか暑さのせいで、最近ぐだぐだになってきましたが、はい!がんばります。
本当に見守っていただいて、ありがとうございます。
そちらも暑い時期ですね?ご自愛くださいませ。
Oyo | 2011/02/21 02:41
COMMENTAIRE









Trackback URL
http://oyoblog.jugem.jp/trackback/118
TRACKBACK