<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< Koudougouでの学生デモ | main | Huit mars (8/3)なんですけど。 >>
ねずみ祭り。
ふつ〜に仕事をしていた、ある日の午前。同任地の先輩つこさんからお電話。

「ねずみをもらったのだけど、一緒に食べない?」

・・・・ね、ねずみですね?

あの。こういうの。→ 


早速、同じ役所で働いているお料理上手な隊員Y氏を誘い、番長氏 も一緒に、お昼休みに先輩の家に伺う。

そこには・・・
※ちょっとグロイ画像でごめんなさい。

先輩の家のガルディアンが、罠を仕掛けて捕獲、開いて内臓を出して燻製にしてくれたとのこと。

でも、形や構造は、ねずみそのもの。

在りし日のお写真。(※先輩ブログより拝借。)普通にねずみです。

さすがねずみ。ネコがほしがります。(※遠近法が間違っているように見えるのは、ねずみのサイズがおかしいからです。)

手と比較するとサイズがわかるかな?しっぽなんか、巨大ミミズに見えてくる。こないだ役所でとったねずみ、確かに小さいってわかる・・・。(普通だけどね!)
「どう料理しようかな〜♪ソースは濃い目の方がいいかも・・・。」果敢にも頭・手・尻尾を切り落とし、皮をむき、調理にかかるY氏。ステキ!彼がお料理している間、おいらは先輩としゅわしゅわ泡の出る飲み物(仕事中の昼休みなのに。)を買いに行くという・・・。ま、ジョシってそんなもんよね♪

ばらされ、一度焼かれたお肉。知らなければ、鶏肉だと思ってしまう感じじゃない?

Y氏により、トマト煮風に仕上げていただきました。

その他、先輩のガルがくれた、トー avec ねずみ肉入りソースも食卓に。お肉は・・・鶏肉よりちょっと固く、ちょっと臭みがあるある感じかな?ねずみであるといわれなければ、普通に食べられます。(いや、普通に食べたけど!)

また食べたいか?と聞かれると、まあ、かなり微妙な感じですが・・・。またひとつ、大人の階段を上った気はするかも?
以上、Kougoudou隊員によるねずみ祭りのご報告でした。大変貴重な経験でございました。ご馳走様でした。


関連記事
スポンサーサイト
COMMENTAIRE









Trackback URL
http://oyoblog.jugem.jp/trackback/123
TRACKBACK