<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< Huit mars (8/3)なんですけど。 | main | 祝!ブルキナ1周年 >>
ブルキナに戻りました
おひさしぶりです。ブルキナファソに戻ったOyoです。

まずは、この地震で被災された方々、および今でも不自由な生活を送っていらっしゃる日本の皆様にお見舞いを申し上げます。ライフラインの復旧や原子力発電施設での対応に全力を尽くされている方々に、心からの敬意を表します。

地震当日の11日、地震のニュースを聞いたのは、ちょうどセネガルに到着して次の日、旅行に出る前のブリーフィングを事務所で受けていた時でした。こちらではあまり情報がなく、運良くテレビをみることができても、すべて仏語の情報だったので、実際の被害の状況を知るのは、大分後になってからでしたが、その状況を知るにつれ、旅行気分もなくなり、ただひたすら日本の情報を求める日々でした。そして現実のものとも思えない映像を見るにつけ、言葉を失い、胸が痛み、涙がでてきました。


海外で協力隊活動している私には、できることと言えば祈ることと募金くらいです。本当に無力です。日本の状況を知るにつれ、「海外でボランティアなんかしてる場合じゃない」などとも思いました。海外で被災を免れた罪悪感がないとも言えません。実際、私は任国外旅行中だったので、旅行なんて切り上げて、任期も切り上げて、日本に帰った方がいいのでは・・・?と真剣に思いました。

でも、多くの方がおっしゃっているように、いまは自分のできることをここですることが、一番なんじゃないかと。国連からのこんなコメントがありました。「日本は今まで世界中に援助をしてきた援助大国だ。今回は国連が全力で日本を援助する。」祖国が大変なことになっているけれど、いまここで頑張る意味は十分にあると思います。


旅行記を載せようかと思いましたが、今は自粛します。


こうしてブルキナに帰ってきて思うことは、「いまの自分の居場所はここだな」ってことです。

1年ぶりの同期との再会、ブルキナとはまったく違う環境を見ることができ、大分気分転換になりました。暑さからも開放された、夢のような10日間でした。

ブルキナの空港に降りたったとたん、熱風と刺さるような日差しにやられました。任地に帰ると、3日間続いている断水。頻発する停電。日向の温度計は50度近く、日陰でも40度以上。厳しい環境は相変わらずです。
職場の話をチラッと聞きましたが、明日はけんかすること間違いなしです。やることは盛りだくさんですが、どこから手をつけるのがいいいか悩む、試行錯誤の日々が待っているのを再認識しました。

セネガルは去りがたかったけど、実は、ここに帰ってきてほっとしている自分もいます。ココロ折れる要素は満載ですが、とにもかくにもあと1年。ここでやれることを一生懸命やるしかないかな、と。休暇のおかげで、腹をくくることができました。暑さでやる気を失うこと多々ですが、気合が続く限り、気を引き締めて頑張ろうと思います。

セネガルでお世話になった同期のみんな、本当にありがとうございました。みんなが頑張っていることがわかったことが、一番のお土産でした。また1年後に、元気に再会しようね!
関連記事
スポンサーサイト
COMMENTAIRE









Trackback URL
http://oyoblog.jugem.jp/trackback/125
TRACKBACK