<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ただいま、クドゥグ。 | main | 帰国しました >>
いつもの週末。
Bonjour!おひさしぶりになってしまったOyoです。
みなさん、さばですか? あじもいわしもさばです。

私は・・・はい、ええと、任地に帰ってきて前回のブログをアップしてから、1週間ほど、(軽い)肺炎とそこから来る胃腸炎と変な大腸菌にやられて寝込んでおりました。健康管理員さんの指示で首都にあがり、JICA指定の病院で診察を受け、恐ろしい高額なお薬たちを飲んで、ふっかーつ!です。いや〜。医療があるって、すごいね〜。

うちの鶏、知らないうちに倍以上に増えていたよ・・・。朝は4時半から、恐竜かと思うくらいの雄たけび。猫のえさもすべて食べてしまうので、結構油断ならんやつらです。(食べ残しの鶏の骨とか、バリバリ食べるし・・・)

来月のイスラムのお祭りTABASKIには、友人たちにお土産に持って行こうと思います。自分じゃ、さばけないので〜。






というわけで、久々の任地での週末。仕事は・・・まあ、例によって放置プレイなので、また来週に策を練ります。(また仕事のことは別にアップしますわ。)

土曜日は、よく利用するバス会社のひとつSTAFのガール(バスターミナル)が新しくなったというので、その式典に。
 

踊りや歌が盛り込まれるものの、相変わらずのブルキナの式典。いや〜。次々と人が出てきて、その話が長いんだってば。(しかも、半分現地語。まったくわからん。)

 
運輸大臣が来て、その時だけ、パラソルが登場。この国、やっぱり偉い人は特別待遇なのです。会社運営側にイスラムの人が多かったのかな。あっさらーむ・あらいくむ な人が多かったです。

 
となりの県のプニから、わざわざ伝統的なマスクさんたちもご来場。
 
もちろん、激しい踊りつき。むちや杖を持って、暴れまくる(にしか、見えない。)相変わらずだが、暑そうだ・・・・。

そして、さらには、お大臣様、この辺のナーバ(王様。どうしてでてきたんだ!?)に贈り物の羊をプレゼント。

最後には、バスターミナルの除幕式。(って、インフォメーションが書いてあるところに紙をはっただけのをぴりぴりやぶっただけ。) 一応、首都の他に、ボボデュラッソという第二の都市にも路線開通したようです。万歳。
 

この後たぶん、飲み食いのパーティがあっただろうけど、ごちそうに突進して食べまくるブルキナベについていける自信が皆無だったので、同任地の隊員も誘って、同僚カリファの家へ。

このおうちには、たまに遊びに行かせてもらってます。(テレビあるし!) カリファの4番目のおこさまも、最初行った時は、ちっこい赤ちゃんだったのですが、もうすっかり大きくなって、あたりを走り回っていました。

退避前は、白人(黒じゃなければ、白なの。こっちでは。)が怖くて泣きまくってましたが、いまはなんとなく距離を保って、こっちをがん見です。








いつもながら、マンゴーの木下にいすを置いておしゃべり。マダムお手製のリグラ(り=米 グラ=油)を出してくれました。彼、イスラム教なのに、いつもいくと、わざわざお酒を買ってきてくれます。
  
「今日は心行くまで酔っ払うのだ!」と、ビールやらラム酒やらワインやら・・・。冷蔵庫がないのに、氷までだしてくれて、本当に申し訳ない。ここは、もう思いっきり、食べて飲むしかない!ってことで、昼間っから、相当酔っ払いました・・・。(ばんちょ〜、いっぱい飲ませてごめん・・・。)

  
4番目の息子と3番目の息子。日本の帽子に興味津々。

この後は、ひたすらしゃべりまくりました。ブルキナであったこと、日本であったこと、いろいろと。ちょっとびっくりしたのは、カダフィー大佐は、アフリカの民を助ける人で、彼らには英雄である、ってこと。先日、コンパオレ大統領は、受け入れを正式否定しましたが、それについては彼らは非難してました。ブルキナの騒動は一応鎮静化してますが、やっぱり政府のやり方には、色々不満があるみたいです。

夕方はたけとんぼで遊んだりしましたが・・・いや〜。あんまり覚えてないかも・・・飲み過ぎてふらふらになって帰宅し、夕方からもう爆睡。久々に「限界まで飲み食いする」ブルキナ式のお呼ばれ、堪能しました・・・。来月の祭りでは、要対策です。

それにしても、この国の人たちの歓迎っぷり。本当にありがたいです。彼のお給料額を知ってるだけに、このもてなし、ちょっと心が痛くなるくらいです。

私ができることって、本当に少ない。けど、彼らは、全力で私たちを受け入れてくれる。あと半年。何かが残せるかははなはだ自信はないですけど、友人のブログにもあったけど、こうした人たちとの出会いが、一番の収穫なのかも・・・と、しみじみ感じました。

関連記事
スポンサーサイト
COMMENTAIRE









Trackback URL
http://oyoblog.jugem.jp/trackback/132
TRACKBACK