<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< お祭り | main | ブルキナ・ウルルン滞在記UPしました >>
村ステイを終えて。〜人間の幸せ、発展・・・って?
今回の村ステイ。楽しいこともあったけど、正直、つらかったです。


ひとつには、自分の無力さを感じたこと。

子供たちに囲まれて・・・何をしてもあげられない。何かをあげることもできない。せいぜい折り紙を折ってあげるんだけど、子供の数が多すぎてみんなにあげることができず、返ってきまずい。現地語もぜんぜんわからない。せめて医療の知識があったら、農業の知識があったら、技術があったら・・・何度も思いました。ほんと、無力だなあと。


でも、私がステイすることで、村の人は食べ物をもらえる。日本人を少し知ることが出来る。少なくとも、「フォトビー!」っていって、自分の姿をカメラを通じてみることが出来る。それだけでも、よかったかな・・・と思ってみたりもしました。



もうひとつには。発展ってなんだろうって。

村には無駄なものはない。子供たちはみんな集まって遊び、ぼろぼろの布をつなぎ合わせて、ゴムとびをして遊ぶ。日本みたいにおもちゃにあふれていないけど、みんな一緒に集まって遊ぶ。小さい子が、より小さい子をだっこし、大きい子は小さい子がけんかしているのを諭す。

食べ物はみんなで分け合う。動物を屠殺して、それを大人か大きい子供が斧で細かく刻む。小さい子達が内臓を分けて、腸を棒で蒔く。その腸には血や肉を詰めて、ソーセージにしてご馳走に備える。マンゴーの皮やタネは、その辺に捨てるけど、それを鶏がついばむ。食事に少し入っているお肉はきれいに手で肉をはぎ、骨をばら撒くと犬がすかさず食べていく。人間が使った水はくぼみにたまって、豚が水浴びする。枯れ木は倒され、まきになったり、家畜のえさになる。

とにかく、捨てるって言うことがない。自給自足・・・とは言えない暮らしだけど、輸入に頼らず、畑を耕し、決して肥沃でない大地からの恵みで暮らす。

ホストの家族に質問をした。「この暮らし、幸せ?」みんな返ってくる答えは一様だ。「うん、この村が好き。」「大きくなったら、お父さんみたいな農民になりたい。」・・・・この国の識字率は極めて低く、国連の人間開発指数は世界最低レベル。

でも、ね。その基準って、先進国が作ったものだよね?自分たちの言葉(現地語はもともと文字を持たないものが多かったりするし。)を読み書きできないものは「識字が出来ない」と定義する。GNPとかGDPとか、先進国が作った金銭を基準にした換算で、数字が少なかったら「途上国」「貧国」。

村の人たちは、みんな助け合って幸せそうだった。暮らしに満足していた。例え、電気やガスや水道がなくても、それで満ち足りていた。

少なくとも、私たち先進国の人たちが忘れてしまった大切なこと。この国にはそれがあると思いました。正しい礼儀があり、助け合う精神がある。絶対にこの国では子供が命を大切にする。ここには貧困が生む悲劇はあるかもしれないけれど、先進国にある変な犯罪を起こしたりしない。


私たちが途上国にボランティアに来ている意味。その国の「足りないこと」を助けに来ているということになっているけど、本当に彼らは何かを持っていないのだろうか。私たちが、勝手にそう思い込んで、自分たちの杓子定規ではかり、勝手に彼らの価値観を壊しているのではないだろうか・・・。



きっとこの疑問は、この国を知ろうとすればするほど、解けないものなのかもしれない。もっとわからなくなるのかもしれない。そう思うと、これからの2年は意味があるのだろうか・・・・?


いろいろ考えせられる村ステイでした。こんな機会をいただけたことに感謝です。





関連記事
スポンサーサイト
こんばんは。
色々と考えさせられた記事でした。
人って、日常に起こりうる事が当たり前になったら感謝しなくなりますよね。ご飯が3食普通に食べられたり、お風呂に入れたり、毎月決まった額のお金を振り込まれたりetc。

ただ、私も疑問なんですが【安定】【幸せ】って何なんだろう?ってよく自問自答しています。
そして、Oyoさんがいう、【途上国】【先進国】なども。勝手にお金や権力をもった人間がはかる勝手な言葉であって、その国は自身の国に誇りを持っているかもしれないし。

何だか色々といいたいのに、上手い言葉が見つかりません・・・。世界って広いですね、そうして、難しいですね。
Nom | 2010/04/13 22:21
久しぶりに前のブログをチェックしてみて、こちらの存在も知りました。
なんと、今度はアフリカにいたなんて!本当にoyo、頑張っているね。

足りないものがない生活・・・なるほど。そうなのね。なんだか、想像だけだけれど、少し分かる気がする。

豊かさって何なんだろね?また、oyoの視点で書いてもらえたらと思います。

また遊びに来るね!
みぃちゃんです | 2010/04/13 22:25
久々にネットが通じました。お返事遅くなり、申し訳ありませぬ。

>Nomさん
こんにちわ。
そうですね。当たり前に確保されている「安全」がこんなにありがたいと思う機会に恵まれたのは、ありがたいことです。感謝の心だけでも、忘れないようにしたいなあと思います。
こっちにきて、一生懸命はなしても、言っていることは分かっても、理解できないことがたくさんあります。文化の違い・考え方の違いがあるって分かってはいるんですが、本当に難しいです。
豊かさ、幸せ、発展、の定義も難しいですが、そもそも「理解」って難しいなって思う今日この頃です。コメントありがとうございました。


>みぃちゃん
お久しぶり〜♪わざわざ前のブログからありがとう。
相変わらず、彷徨い続けてます。今度のアフリカは、前と違ってリアルな部分をたくさん見ることができ、いよいよいろんなことが謎です。
たまたまその場所に生まれたっていうだけで、ここまで運命が変わってくるなんて。大切なこと、自分なりに考え、見極める努力はし続けなければと思いました。
不定期更新だけど、また来てね。
Oyo | 2010/04/16 23:35
COMMENTAIRE









Trackback URL
http://oyoblog.jugem.jp/trackback/30
TRACKBACK