<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 料理部な週末 | main | ブルキナ旅行に必要な手続き >>
5ヶ月が経って
Bonsoir!
いやはや。もう25日。日本なら給料日・・・?
おいらにとっては、25日は、ブルキナに来た日。はじめてOuagadougouの空港に降り立った日です。

今日でちょうど5ヶ月。先月は、国内旅行の前でちょっとばたばたしていて振り返るの忘れてしまったのですが。ちょうど、今月で、任地に配属されて3ヶ月が経ち、そろそろ節目かな、という感じかな。

先週、JICAブルキナファソの所長がきてくださいました。何でも、政府関連のプロジェクトで、ブルキナ中に小学校建設をしていて、今日はブルキエンデ県の学校の建設状況の視察にいらっしゃったとか。

ここに配属されて3ヶ月。JICAからも専門家からも言われているように「3ヶ月はとにかく、様子見。人間関係の構築と現地のやり方を観察するべし。」とのことだったので、とりあえず、できること(現状散らかっているものの整理)をしつつ、市役所の人や町の人になじむことを心がけました。

最近は現地服を着て仕事をしていることと、副市長さんたちが「この子は我がムスメ」といろんな人に紹介してくれたりしているので、どこに行っても「ポコビー!」と声をかけてもらえます。グランマルシェにいっても、食べきれないくらい野菜をカドー(プレゼント)してもらえるようになったり、採寸しなくてもぴったりの服を作ってもらえるようになったり。少し、Koudougou市民になれたかな?という感じです。

と同時に、もうお客様ではないなっていうのも、ひしひしと感じます。良くも悪くも、ここの人になりつつあり、何をするのも自分次第かなと。仕事にはなれたので、不自由は感じない(いや、言葉はちと不自由。涙)だけど、意識して何かをしていかないと、何も変わらない。

こないだの週末のごみ拾いもそうだけど、所長がいらした時に、いろいろな活動の可能性をカウンターパートに話をしてくださいました。私には絶対聞けない、Koudougou市役所の仕事の全貌や、市としての課題、要望。そしてJOCV(協力隊)同士のコラボレーションの提示。普段、目の前の仕事をしているだけだと気づかないことをいろいろ話してくださり、ちょっと視界が開けた感じでした。また、まだ情報収集が足りないな、違う可能性も考えなきゃな、と反省もできました。

日本政府の援助、といっても、私たちはマジシャンではないから、一気に何かを解決することは到底無理。ブルキナベは「こうしたら便利」って言うのを、なんとなく情報してもっていて、要望としてあげてくるけど、果たしてそれが今の状況で導入可能なのかは別問題。私に最終的に期待されている「文書の電子化」も、いまの状況だと、運用体制の基礎すらもないので、力技で導入したとしても、形骸化するのは目に見えている。

かといって、彼ら自身にも力はある。ものがないながらも、不便ながらも、日々の暮らしは工夫をしながら過ごしていいる。私たちがいようがいなかろうが、助け合いながら、見方を変えれば、日本にはない豊かな暮らしをしているようにも見える。決して何もできない人たちではない。能力もあるし、先進国のやり方がよいものであれば、やり方さえわかれば、彼らなりにうまく使えるようになるだろう、と思う。

そんな場所で、いまの要請内容を、どう噛み砕いて、ここに合う形で目標を設定し、どう今後の計画に落として、実行していくか。JICAは何代かでやってもらう形で考えてもいい、って言ってくれているけど、果たして時間をかけてもやるべきことなのか?やるならどのようにやっていくか?そもそも、やることで本当に意味があるのか?・・・・こうしたことを判断し、実行するには、2年という時間は短いような気がしてならない。

自分自身もどうしたいか、考えなくちゃなって思ったりもする。よく同期とかとも「帰国したらどうするか」って話をするけど、確かにカウントダウンは始まっている。フランス語人材が不足しているというこの業界。自分なりに専門性を身につけていって、目的意識をもって学んでいけば、いろんな可能性が開けるなっていうことも、最近見えてきたことのひとつ。なので、この2年でどんなことを身につけて、今後にどうつなげていくか。その時にならないと、どうなるかはわからないけど、きちんと自分なりに考えて、できることをできるかぎりやらなくてはならない。ただ単に、毎日をやり過ごすだけだと、学べるものも右から左、だ。


・・・うーん、なんだか、前から同じ様なことを書いているな〜。同期たちのブログなども拝見していると、みんな、がんばってるな〜って。いい刺激をもらいつつも、わが身を振り返り、そろそろ仕事もやるべきことと後回しにすることとを見極めないといけない感じだな、とつくづく感じます。それと、少し視野を広げてみる、ことも。

先週は、カウンターパートと話をして、9月に2週間ほど、コンジェ(休暇)をもらいました。これを機会に、他の都市の市役所や病院を視察させてもらい、うちの市に応用できること、今できることは何かとかも、学んでこようと思います。

後は・・・フランス語だなあ。一応、家庭教師の先生にはみてもらったり、仲良しのブルキナベにはいちいち言い回しや活用を直してもらったりしているのですが・・・相当の努力をしないと上達しないんだなあというのは、ひしひしと実感する日々です。涙 ほんと、意識があまりにも低いって言うか、頭悪いから、必要なことを必要な時にスマートにできないんだよね〜。反省。


長くなりましたが。1ヶ月に一度の振り返りでした。
第2回目の報告書を上げるまであと1ヶ月ちょっと。つまり、4分の1が過ぎるのも、もう少しです。毎日を楽しく、でも、有効に使いたい今日この頃です。


関連記事
スポンサーサイト
COMMENTAIRE









Trackback URL
http://oyoblog.jugem.jp/trackback/75
TRACKBACK