<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 5ヶ月が経って | main | 夏休み終わりました。 >>
ブルキナ旅行に必要な手続き
Bonjour!みなさま、おひさです。 2週間の夏休みが終わり、Koudougouに戻ったOyoです。

日本から来てくれた奇特な人(※以下、客人)は、無事、パリ・モスクワを経由して、日本に戻ったようです。帰りは、荷物もちゃんと受け取った模様。苦笑

いや〜。とにかく、いっぱいいっぱいいっぱいいっぱい遊びました。とにかく、沢山食べました。毎日がお盆とお正月が来たみたいのご馳走で、豪遊しました。 旅行の写真とかは・・・また別途載せますね。

日本国籍のパスポートなら、多くの国へのビザは必要ありませんが、ブルキナ・ファソへ旅行する場合、日本でのビザの取得が必要です。比較的簡単に取得できますが、一応、私がやったことを記録として残しておきますね。


▼観光ビザ取得に必要な書類

在日ブルキナ大使館のページ(←このリンクをクリック!)に掲載されています。

・ビザ申請書(仏文。上記HPから所定書式をDLできます)
・申請文(仏・英文どちらかで。上記HPにサンプルあり。)
・滞在先招待状(在ブルキナの人の名前で作成。フォーマットなし。)
・旅程表(入国から出国までの行動予定と宿泊地を書いたもの)
・パスポート
・航空券予約確認書(Eチケットなど)
・証明写真(4cm×4cm) 2枚
・イエローカードのコピー
・申請費用:9000円(3ヶ月シングルビザ)

大使館は東京の広尾にあります。(→大使館の場所
申請の際は予約が必要で、書類提出後、大体3日くらいでビザが発行されます。結構親切に対応してもらえたみたいです。


▼航空券

ビザ申請にあたり、航空券の予約表が必要でした。沢山の旅行会社をあたりましたが・・・日本→ブルキナファソの手配をお願いすると、かなーり高くなる(9月だと30万円は軽く越えた・・・)ので、需要がたくさんあって比較的安く手に入るパリまでの格安チケットを旅行代理店から買い、ネットでエールフランスのフランス・ブルキナ往復チケットを、ばらで買いました。乗り継ぎなどのリスクは増えるけど、こうすることでかなりお得になったかな〜。


今回は、無難にパリ経由にしましたが、モロッコ経由や中東、他のアフリカの国経由で組み合わせても安くいけるかも。(エチオピア経由とかもあったよ。)

▼黄熱病予防接種

ブルキナファソは、黄熱病予防接種を受けたことを証明する書類(イエローカード)を入国時に求められる国です。大体、渡航の1ヶ月前までに接種する必要があります。


予防接種は完全予約制。各地の検疫所でも実施していますが、曜日が決まっている(大抵一週間に一回)ので、今回は検疫衛生協会で受けてもらいました。


予防接種は、保健適応外です。接種料は、検疫所だと7700円、検疫衛生協会だと11000円だから、時間に余裕がある方は、検疫所の方がお徳かも・・・。


▼その他

ちなみに、パリの乗り継ぎでは1泊する必要があったので、空港近くのRADISSON Blu CHARLES DE GAULLE AIRPORT PARIS に宿泊。

予約はアップルワールド経由。代理店にお願いするより、手数料分だけ、安く予約できます。朝食つきで1万円ほどでした。サービスもよかったみたいだし、お勧め。

手続き関係は、これくらいかな〜。客人は、パリ→ブルキナの飛行機が夕方だったので、それまでパリ観光(エッフェル塔・コンコルド広場などなど)も満喫したようです。フランス語はできないのだけど、やるな〜。

備忘録、というか、どなたかのお役に立てばと思い、載せてみました♪
関連記事
スポンサーサイト
COMMENTAIRE









Trackback URL
http://oyoblog.jugem.jp/trackback/76
TRACKBACK