<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< TABASKI - 犠牲祭にお呼ばれ。 | main | もうちょっとがんばります〜。 >>
8ヶ月が終わった。
みなさま、ぼんそわ。サバですか?

いやあ。なんだか最近ブログが上手くかけなくて。もうちょっとブルキナ生活を小出しに書いてもいいのかなあとか、ちゃんと考えたことをまとめたりしたりしたいなあと思いつつも、上手く言葉にできず、なんだかんだと時間だけがたっていってます。涙 なんか打開策、考えないとなあ〜。


10月からは、2ヶ月の予定でComptabitilte(財務系)の部署にいます。もう残り1週間ちょっとです。

ここは、
・Le bureau des engagements et liquidation
・Le bureau des regies de recettes 
・Le bureau du materiel 
3つの部門に分かれていて、Directeurが1名、各部にChefが1名ずつ、3人の研修生がフルタイム(一応)で働いてます。

【←研修生のヤクバくん。】





9月末までいたL'Etat Civil(戸籍関係部署)とは全然違う部署。専門的な言葉は全然わからないし、PCを使ってデータを作って仕事していたり、関わる人が増えたり。同じ市役所でも働き方とかもまったく違って、正直どうしていいかわからぬ日々でした。(今も・・・だが。汗)

【印紙を売る仲良しのリア。→】



文書整理のほうは・・・いやはや何がなんだかわからん〜!ってものが多く、難航。やはり私のフランス語が・・・と一口に弱気にまとめてもいいのですが、辞書で調べても、会計とか財務のことって、仕事の流れと言うか、そもそもその書類が何の意味があるのかとかなんなのかとか、それすらもわからなかったりする。偉い人にはあまり聞けず、研修生に助けてもらう日々。文書保存も、期間や部数を確認するんだけど、みんな言うことが違って、こうしたらいいというものが見えず、正解がない。やってもやっても文書は出てくるし、かといって、皆さんの日常業務(半分謎)を邪魔するわけにもいかずに予定も計画も立てられず、上手くいかず。なんだか、あっという間なんだか、よくわからぬまま、まとまりのないことをするだけで日にちだけが過ぎてしまいました。


業務としては、一応、目に見える部分でできるだけは書類整理はした(10月の記事)のですが、これでいいのか・・・まったくもって謎。上の人と話そうにも、私にもあちらにも、はっきりとしたゴールがないのが正直なところ。妥協案というと聞こえは悪いのだけど、今の時点でこれだけやっておこう、と言うことだけやって終わった感じです。涙



【職場のお掃除のマダム。→】




日本で仕事をしても同じことはあるのかもしれないのだけど・・・なんというか、仕事のやり方・進め方の面で行き詰った感が否めない感じでした。というのも、事例や模範的なやり方を調べるも、それをフランス語に訳して伝えても・・・はて、これでいいのだろうか。これを実行することに意義はあるのか。実行しても、やり続ける人はいるか、そもそもやり続ける意味はあるのか。続けるメリットを感じてもらえるか・・・ それを考えて、実行して、確かめようにも、ううーん、なんていっていいのかな。こっちの人たちの働き方や、そもそもの仕事の特長とか。あとは、一番大きいのは、私のモチベーションとか。(心折れやすいので〜。汗)下手に誰から何かを求められるでもなく、言われるわけでもないこともあり、本当によっぽど使命感とかやる気に満ちてないと、推し進めるのが難しい仕事だなと、感じる日々だった、です。

今日25日でブルキナに来て8ヶ月。任期の3分の1が終わった計算になります。
振り返ると反省点だらけ。「このやり方はまずかったかも」とか「あののんびりしていた時間ではこんなことができたかも」とか「この人をこんなふうに巻き込めたかも」とか。私個人の最大の弱点としての、コミュニケーション不足。言いたいことも言えないし、なかなか整理してかっちり仕事として進められなかったなあと言う思いが残ってます。ほんと、これはどこで何をしてようとも変わらないのかもだけど・・・。

残り3分の2で、いったい何をどれだけできるか、本当にわからないのですが・・・時期的にも、なんだかなあなあになってきた時期。「これは無理かも」「やっても無駄かも」なんていう、物事が冷静に見えてきたゆえに出てくる諦めもでてきた気がします。
上手くいえないのだけど、立場ゆえに、慣習がゆえに、既得権益ゆえに。そして私の力不足なゆえに。できない理由を挙げたらきりがないけど、それを裏返せば、できることもなくはない・・・とは思うんですけどね〜。
【←市長の秘書マダムのお子さんたち。】



24日。ブルキナに降り立った日です。応募した時の気持ち。せめて「何か役に立って帰ろう」っていう前向きな思いだけは忘れないようにな、と、毎月この日にちを手帳を見るたび、思いなおします。かわりばえのない日々が続くと、ついくさくさと、「早く時間経たないかな」って、時間つぶしの心理に傾いてしまいがちだけど。この国にいれる時間は決まってるので、一日一日を大事に過ごさなきゃな、と、気を引き締めた日でした。

【市役所マダムたち一同。みんなで女性団体もやってます。→】




関連記事
スポンサーサイト
COMMENTAIRE









Trackback URL
http://oyoblog.jugem.jp/trackback/88
TRACKBACK