<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Joyuse Noël
Joyuse Noël !!
みなさま、ステキなノエルをお過ごしですか?ええと・・・おいらは・・・またもや食い倒れてます。ぎゃふん。

今年は、アフリカのクリスマス。毎年色んなところで過ごささえていただいてますが、ここは雪なんかなく、ほこりが舞うこのブルキナ。き〜ってくらい、暑い。もちろん、パパ・ノエル(サンタクロース)が町にいるわけでもなく。クリスマスらしさのなさ、どうなんよ!?

↓ (右)ふと、お呼ばれされて、次の家に移ろうと思って外に出た風景。なにもなっ!
  
      ↑(左)料理され待ちの鶏さん・ホロホロ鳥さんたち・・・・



南半球とかでも真夏のクリスマスは暑かったですけど・・・いやあ。異様〜。聞こえてくる音楽といい、町の様子といい・・・ところ変われば、クリスマスも違いますな〜。

とはいえ。どこへいっても、誰にとってもノエルはスペシャル。ブルキナは、伝統宗教(アニミズム)の次に、イスラム・キリスト教の割合が多く、平和〜に共存しています。イスラムのラマダンの次は、クリスチャンのクリスマス!ってことで、宗教を越えてみんな誘い合って、Fête(パーティ)。

イブは、こないだ結婚式にもお邪魔したフランス人・ブルキナベのカップルたちのおうちへお呼ばれ。ここでは、なんと・・・・ 日本食!
海苔巻き・てんぷら・とんかつ・わかめうどん・お好み焼き・おくらいため・揚げじゃがいも! これにブルキナ料理(サラダ・リソース・羊のあげもの)もでてくるんだから、もうジャポネたち、狂喜乱舞。
 
面白かったのが、ブルキナベの海苔巻きへの反応。「サッシェ・ノワー(黒いゴミ袋)か!?」と、目を丸くし、はがそうとすると言う・・・・ そりゃ、知らんよね、海苔。 そういえば、モントリオールでもケベック人さんたち、お寿司の海苔だけ残してたな〜。同じ反応かも。

準備は朝からしてくれただろうに、みんな集まってきて、あっという間に平らげる・・・ もう食べられません!ってくらいになるまで食べるのは、いつも通りでございました♪


もともと食べるのがお好きなパリジャンのミゲル。ブルキナとフランスを行き来する生活をしているので、パリで日本人に作り方を習い、そしてわざわざ食材をパリで買ってきて、こんな僻地の日本人に作ってくれると言う・・・ 本当に本当にいい人です。その気持ちだけでも、どうやってお返ししたらいいんだろう?って、涙が出そうになりました。


その後は、うちの近くの教会へ。着いた時は暗いからよく見えなかったけど、目を凝らしてみたら、教会は人人人・・・。歌って祈って歌って祈って・・・が夜中まで延々と続きます。

 椅子を持参して参加するのがブルキナスタイルみたい。そして、眠くなった子供たちはもう地べたで寝るのも・・・ふふ。「っぽい。」ですな。






さて。一夜明けて、クリスマス当日。イスラムのお祭り・ラマダンと似たような感じで、今度はキリスト教の友達たちの家を回ります。私も、朝から海苔巻き(ご飯ぱらぱらにつき、見事失敗→自己消費)とカレーを作り、1件目のおうちへ。

Nasaaraを見たことがなかった友人のお子さん。私が行くだけで、すっごいよろこんでくれて、なんだか私もすっごくうれしかったです。さすがのしつけ(?)のよさ。冷蔵庫から言わなくてもお気に入りの銘柄のビールを持ってきて、ふたを開けてグラスについでくれます。

ビールを飲みながら、おいらも調理のお手伝い。こっちでは、揃って「いただきま〜す」のは一切なくて、できた端から食べていく感じ。時々、お客さんがやってきて、その人にもお料理をお出しして。なんだか、一日中、作って食べて作って食べて・・・ って感じのスタイルです。


作った料理は、トー・リグラ・リソース・クスクス・ブロシェット(串焼き)・から揚げ・サラダ・ガトー(お菓子) ・・・ ブルキナ料理、総動員! ともかく、ここですでにお腹12分目。


   

さて。昼過ぎ。いったん市役所により、今度は副市長のママンに連れられ、2件目のおうちへ。

 
ここは大家族。いったい何十人いるんだ!?ってくらい人が来ていて、次々と来るお客さんに出すため、女性はせっせと料理。そして、「食べなさい!食べなさい!ほら、ビールも飲みなさい!」攻撃にあい、何とかお腹にいれる・・・・。

3件目・・・・。こっちは、バプテム(洗礼)のお祝いもしていました。ノエルでは、結構な数の洗礼が行われるみたい。式は終わっていたので、ここでも、Il faut manger!(食べなさい!)攻撃。ええ、もうもう思考能力なく、このへんから写真あまりとってません・・・。


この後、4件目・5件目・・・・ お呼ばれしていたのですが、もうお腹が苦しく、そして暑さにふらふら。いったんおうちに帰り、シャワーを浴び、ダウンです。がびん。本当にご馳走様でございました・・・。


「じゃ、今度は新年ね!」「今度は豚の丸焼きするから!」「明日も来れる?」
ブルキナベ、こんな素性の知れない私を、あたたかく迎えてくれて、沢山食べさせてくれて。家族と離れているがゆえ、かな。本当にありがたく思います。

クリスマス・・・・日本じゃ、ちょっと商戦的な要素が強いイベントですが、こうして、みんなで料理をして、わいわいと一緒に食べて、ああ、この機会をみんな、とっても楽しみにして、そして楽しんでいるんだなあって、心があったかくなります。

宗教的なことは、あまりよくわからないけれど・・・。
 一緒に過ごしてくれる人がいることに感謝して。
 命をいただいて、生かされていることに感謝して。
いつもなら当たり前なことが、すごく特別に感じられる日。ステキな日ですなあ。


毎年思いますが、いつまでたっても、いただいてばかりです。本当にありがとうございます。
そして。いただくことにも感謝ですが、できるだけ差し上げる方にならなくっちゃな。そう思わせてもくれる日です。

Merry Christmas! Joyuse Noel! ステキなクリスマスを。

最近のお気に入り。
ぼんそわ。
昨日は、一日、お腹下し→発熱 で寝ちょったがです。多分、結婚式のごちそうで当たったみたいで、お腹で熟成された菌と戦っておりました。いや〜。一日が長かった!確実に、健康貯金、減ってるなあ〜。

で、元気に働いた本日。働くと一日が短い・・・。JICAや上司と話したり、休暇申請をしたり、同僚と地味にいろいろ話したりで、あっという間に夜。やっぱ、健康が一番だね!

帰宅後、シャワーを浴びようとしたら・・・水が出ない。久々の断水です。汲み置きしておいた水で、バケツ1杯の水浴び。調理と洗物もたらいに入れた水で何とか終わらす。毎回思うけど、ほんと、少ない水を大事に使えば、こんな量で生活ってできるんだなあと。断水、長く続くと本当に困るけど、たまにあると、水のありがたさを痛感します。

えと。これはね、最近お気に入りのお菓子。ミルクスティック 375フラン(80円くらい)です。ほどよい甘さがプリッツのバター味みたいで、ちょびっと食べるのがブームです。うきき。
↓ ミルクとチョコ味があるんだけど、なぜか2つ適当に混ざってるのがあるのが、ブルキナのテキトーさを物語ってるような。 あ、他にもいろいろなお菓子があるよ。1000フランとか越えると、高くてなかなか手がでないけどね〜。(生活感覚だと、1フラン=1円だからね〜。)
 


こういうのが売ってるのは、ラモン靴箸いΕ后璽僉璽泪襯轡А
首都の高級スーパー マリーナマーケットやシーマス にはかなわないけど、なかなかお高いスーパー。品揃えは・・・日本で言う、ちょっと郊外にあるデイリー・ヤマザキみたいな感じ? おいらのお気に入り巡回ポイントです。







最近は、クリスマス仕様。お酒の種類が増えただけではなく、なんと、ノエル(フランス語でクリスマス)のケーキまで売り出した!

町にも、ちっさいですが、ツリーが出回っていたり、イルミネーションが増えたり・・・あっついけど、なんだか少しずつ、年末めいてきた今日この頃です。

クリスマスや新年の食べすぎと食あたりにだけは気をつけようっと・・・。 あ〜。今日も平和♪
動物に癒される、のんびり日曜日。
昨日と打って変わって、なああんの予定もない日曜日。予定をぎっちりつめるのもいいけど、こういう日を作るの、結構好きです♪ (いや、この国でよていぎっちり・・・ってあんまないけどね〜)

ほこりをかぶった蚊帳を含め、いろいろと洗濯を終え、こないだのNAKのデータやらをもらいに、先輩のおうちへ♪ でね、先輩のおうち、2週間前に仔ネコが産まれたんです。ええ、いわしに似たネコさんから。

そのお子様たちがカワイイのなんのって。お母さん、ちょびっと警戒してましたが、触らせてもらえました♪

  
本当にちっこいの〜。  手に乗せても、手があまるぜよ。
  
むにむにしながらおっぱいを飲んで・・・箱に入って、重なって寝てます。かわゆし!

うちのいわしは、こんな感じ。最近、かりかりえさを食べるようになってから、痩せネコからは脱出!
・・・でろーんと、日の当たるコンクリ床の上で寝ております。

そして、おうちに帰ると、日本のハハ上からメール。愛犬みるきぃの写真です。
 
こことは打って変わってマイナス温度の村のうちの犬たちは、ストーブに当たり、コタツに入って寝ております。

いや〜。癒されたわ♪ やっぱり、うちの子たちが世界一です。おやばか。

平和な日曜日なのでした。
さて。来週末はクリスマス。再来週は、もう年越しですね。早いな〜。
Félicitation!
12月18日。大安吉日みたいなものなのかな〜。わが街・Koudougouでは、イベントもりだくさん。(自転車レースとか医薬なんちゃらのイベントとか市長杯のサッカーとか市役所年次報告会みたいなのとか・・・。) でも、おいらは、友人の結婚式に参加させていただきました♪ 

結婚式は、職場(市役所)で週末にちらほら見かけてますが。今日は午前中だけで、実に11組!どこの人気結婚式場じゃ?ってくらい、ぎゅうぎゅうスケジュールです。

 
Koudougouジョシ、今日はみんな現地服でおしゃれして来ました♪ ええと、右の写真は、いつもごーじゃすなMa mamanの第2副市長と。この方、いつもこんなきらびらかな感じです。
 
市役所は、「本当にここは最貧国なのだろうか?」と思ってしまうくらいの、カラフルに着飾った人たちにあふれていました。でも、一番輝いているのは、結婚する人たちですな〜♪
こちらが友人のフランス人・ブルキナベカップル。実は、もう5歳になるお子さんがいて、フランスとの二重生活だけど・・・ブルキナでやっと挙式です。
 
いつもの市役所の結婚式。Mon papan(第1副市長)が式を進めていきます。

結婚式の後は、披露宴へ。クラクションを鳴らしまくりながら、車・バイクで二人のおうちへ。日本じゃ見かけないですが、アフリカ(アルジェでもよくやってた)はおきまりの光景ですな。








 
新婦のグラン・ファミーユのおうちにご挨拶。披露宴会場では、グラン・ダンサーズといっていたが、おばあちゃんたちが、大音響の音楽に合わせて、ひたすら踊りまくりでした。その間、お客は、食べまくり飲みまくり・・・。いやはや、今週も、限界まで食べすぎ飲みすぎでございました。ご馳走様でした。

実は、おいらのカメラではあんまり写真を取ってなくて、まだデータがきてなくて、あんまりいけてない写真しかなかったんですが・・・。とにかく楽しい土曜日でしたよ〜ん♪ってことで。ただの日記でありんす。

それでは、みなさまも、よい週末を♪

今週いただいたもの。
日本のクサレ縁の友から、ステキな荷物を送っていただいた箱はつぶれていましたが、中身は無事。いろいろすごく考えて送ってくれたのがひしひしと伝わるお荷物でした日本の食べ物とかもうきうきでしたが、ありがたかったのが、手作りで作ってくれたパクパクポーチとお裁縫セット

昔っから器用でハンドメイドプロ級な友とは月とすっぽんよりも違い、ボタンもろくにつけられない裁縫ベタなおいら。(いや、針に糸も通せんかも)このすばらしい縫いっぷりのポーチは、既製品かっ!?と思うほどよくできてるおります。さすが〜。よ・・・よし!これを機に、せめて、破けたパンツくらい縫えるようになろう・・。

後はね〜。お願いした、リップライナー。お安いけど使いやすい、無印のベージュとピンクを送ってもらいました♪ ブルキナに来てからも、一応毎日化粧はしている(日焼け止めはいまいち塗ってなくて、顔意外は真っ黒だが。)ので、とうとうなくなってしまい、どうしても口元が決まらず・・・。高級スーパーを探しては見たけど・・・いまいち無理だったの。

だってこっちの方は、リップライナー、黒だったりなんだよね・・・。眉毛も、墨で一本書きか!?の迫力。化粧は、してる人は、ものすごい濃い。ほっぺたまで届くかのような眉毛・・・。つい見入ってしまいますわ。

この眉の持ち主・お化粧がっちりマダム、研修生でいらしてますが、動きもかっこも優雅です・・・。(コンパオレ・シュミーズも、どっからこの布を調達してきたのかわからんけど、他の人よりも派手!)この国にいると、何が派手でそうじゃないか、だんだんわからなくなってきます。

あれ?本題からずれた・・・。ま、そんな感じで、ブルキナベに負けないように、ジョシ力をちょっこし発揮してがんばってます。えへ。

Kanaliaくん、まじ、ありがとー。
お祝いの宴。

平和ないつもの日曜日。「15時から「Madam RANDÉのデコララシォンだからね!迎えに行くから!」って同僚に言われまして。ナンジャラホイ?と思っていたら、またもや飲み食いの会 市役所のマダムの勤続15年お祝いの会だったようです。(後ろの列の青いドレスがMadam RANDÉ。授与メダルが胸に光っております。









聞くところによると、毎年、市長が市役所の職員から(!?)何人か選び、それを表彰するらしく・・・ 今年はマダム1人が選ばれたようで、メダルをもらう式典に昨日参加したそうです。今日は、知人友人が家に集まり、そのことををお祝いする会・・・?のようです。
 
相変わらず、飲み食いまくり。いつもの、サラダ・スナック菓子・トー・鶏の丸焼き・リグラ(炊き込みご飯)がどんどん出てきます。どんどん食べます。 
 
なんか、表彰されるのはいいけど、ご馳走を用意し、人が来て、飲み食いのオンパレード・・・・・用意するのって大変そう・・・・と思わなくもない今日この頃。ともかく、本日もご馳走様でございました〜。
ソーラン、ソーラン!
独立記念50周年の12月11日。世の中は、Indepence Dayと言うことで、第二の都市・ボボ・デュラッソでは、軍隊がいっぱい集まり、記念式典があったようですが。わが町・クドゥグでは、引き続き、NAKが開催されております。





JICAチームは、おとといに引き続き2回目のソーラン節。今夜は沢山の人が見物する中、踊ってまいりました。
流れとしては、先輩隊員(よさこい踊りのプロ!)のソロダンス→子供たちの寸劇→日本人のソーラン節→「一緒に環境を守りましょう!」のアピール でした。
でも、今日はザンネンなことに音響トラブルで、ソーラン節だけが本来の時間に踊れず、スケジュールの区見直しができずに、大幅に遅れ、かつ全員揃って踊らないという、悲しいことが起こったのですが。とりあえず、大舞台で踊ることができ、なかなか好評でした。



メイン会場では、毎日16時からゴミ拾いもしました。沢山の屋台が出ている=ぽい捨てされまくりで、拾っている側から、ぽいぽいゴミを捨てられましたが・・・ 子供たちと一緒に「これはただのゴミ」「これは再利用」・・・分別、がんばりました。

「袋を拾って、金儲けをするのか?」 ・・・って、うーん、わかってないなあ。なかなかね、ポイ捨てがいけないってわかってもらえないんです。ブルキナベには。「ビニール袋を拾ってどうするのか?」って、何度も聞かれました。「汚いから、きれいにしているんだよ」って、いちいち説明しないとわからないブルキナベ。

行く先々で、絶望的なゴミの山。ありえないほど、そこらじゅうに捨ててあります。
 
たまに腹が立ち、「この国、もう無理!」って思うことが多いけど。まあ、やらないよりはやった方がいいよね〜。せめて、一緒にゴミ拾いをした子供たちが、分別のある大人になってくれますように・・・・♪

あっという間のお祭りの1週間でした。ソーラン節を計画してくれた先輩、集まってくれた隊員の方たち。本当ににおつかれさまでした〜!また来年もNAKに来てね♪









ジョシ飲み
いや〜。やっぱ、人生、呑みですな!
集まっては呑んだくれる、そんなアフリカ生活。

今週から始まったNAK。公共機関、少なくとも、我が市役所は、お祭りスケジュール(7時〜14時勤務)なので、途中「おなかがすいて無理!」と、ブルキナベとくっちゃべってますが、ちょっと慣れてみると、あら、昼過ぎにお仕事終わりでいい勤務体系じゃない!?、と、早くもウキウキです。

そんなわけで。時間が有り余り、夜は必然と飲みですなあ〜。今日は隣町のYさんが来てくれてもいたので、同任地の番長も含め、ジョシ飲み。まずは、夕暮れ時に屋台でビール+串焼き(肉。) 夜はうちに移動し、日本の貴重なつまみをちびちびといただきつつ、飲み。やっぱり日本語で、いいたいことを言いながら、おいしく飲むのは、最高のストレス発散です。

ついでに、うちのドマージュ(ザンネン)トイレ。今回は、取っ手が方っぽしかないため、ドアが閉まってしまい、必死に開けるの図。こないだ同期が来た時は、ドアごと取り替えようとし、ドアがハマらないと言うアクシデント。今日は、水道管のつまりも直したし、簡単な電気配線がえならできるようになったし(でもこの国、高電圧につき、相当危険!)。このメゾン・ドゥ・ドマージュのおかげで、どんどん人間力、いや、生命力は向上中です。あ、ジョシ力は、言うまでもなく、反比例状態ですが。

うっかり週末かと思ったら、まだ火曜日か・・・・ 気合入れていこー!


NAK開催。
Bonsoir!サバですか?
おいらは、2泊3日の首都滞在を経て、Koudougouへ帰ってきました〜。

いや。ほんと。歯医者がなかったら、そっこー我が家へ帰ってきていたのですが。JICA報告書的には、「右下第二臼歯充てん物脱落」(→いや、ただ、銀歯が取れた。)とやらをしたので、こればかりは急げ!ってことで、受診し、1回で治療完了しました。いや、ハマってよかった〜。

心配した歯医者はこんな感じ。さすがに処置室は写せませんでしたが、あのきょ〜ふの椅子やら、自動的にコップに水がたまったり、レントゲンがあったり・・・なんら日本の歯医者さんの設備とは、変わりませんでした。
 

ま、取れた銀歯、ふつーに漂白剤につけてて、口に入れたとき、めっちゃ漂白剤の味がしたけどね・・・。とにかく、無事治ってよかった♪(気になる治療代金は、15000fCFA(=¥3000程)でした。


JICAに傷病報告書を出し、いつものように混んだバスで汗だくで任地へ帰ってきたら。そこでは、NAK( =音楽祭)が始まっておりました。会場は、比較的うちの近くなので、夜になっても音がガンガンです。は〜。これが1週間続くのかあ〜。ちとげんなり。


JICAチームとしては、ソーラン節を2回踊りますが、それとは別に、毎日16:30から会場のゴミ拾いの予定です。ブルキナベの友達のアソシアション(活動団体)の子供たちと一緒です。


今日から早速はじめました。ブルキナ(だけじゃないけど)はポイ捨て王国。なんでもかんでも、みんないらないとなると、どこでもかしこでも、ぽいっ!っと物を捨てます。なので、それをきれいにするためと、「捨てちゃいかん!」をアピールするために。
 
↑こんな風にやってます〜、を並んでアピール。 ↑会場はこんなテアトルがあるところです。

今日は初日だったので、それほどたくさんはありませんでしたが・・・・これから増えるんだろうなあ。ただ拾っているだけだと「お、お掃除の人がいる」「これも捨ててくれ」って感じで、ただのお掃除隊としてブルキナベに見下されるだけ。なので、これから、啓発と言う観点で、ゴミを拾うことの意義、そしてそもそも捨てないことを、アピールすることを強化していく必要がある気がしました。




ゴミ拾い後は、もちろん、串焼きとビール!NAKでは、隣町Reoから名物の「豚丸焼き」の屋台がたくさん来てます。かなりリアルです。なかなかおいしそうです。今週はいっぱい飲んで食べるぞ〜。ぶひ。

首都滞在中
ぼんじゅー!
来週のNAK(Nuits Atypique de Koudougou=私の任地で開催される音楽イベント)に、JICAチームでソーラン節を踊るため、その練習で土曜日の午後から首都に来ています。

あとは・・・金曜日に歯の詰め物がうっかり取れてしまい、くしくも歯医者行き。首都でいい歯医者があるらしいので、月曜日の朝に出かける予定です。

そんなわけで、週末は久々の首都滞在!・・・・っていっても、ただ、ドミトリー(隊員宿泊所)に引きこもって、のんび〜〜りしているだけなんですけど。いろんな人がいて、楽しいです。本や漫画読んだり、映画見たり。暮らし方、バックパッカーみたいです。昨日の夜はみんなで近くのドイツレストランで生ビール!でした◎ スーパーでいろいろ買い物もして、楽しいなり♪

あ、右の写真。首都ではタクシーで移動します。こちらのタクシーは乗り合い。人数(最低客5人)が集まったら出発します。車内で運転席隠し撮り。これは結構きれいなほうかな?ブルキナのタクシーってありえないほどぼろぼろ。ガラスがなかったり、スピードメーターや給油メーターが動いているみたことない。は扉は開かなかったり、時々走っている途中で動かなくなったりするけど、タクシーといい、バスといい、車ってこんなになっても走るんだねえ・・・と、日々思うであります。